経営理念

I.E.C建築研究所は知識と知恵を発揮し、建築主にとって満足していただける建築を探究してまいります。
建物を利用する人々、地域の人々が元気になることを願いながら、社会に寄り添い未来へと貢献してまいります。

ご挨拶

当社を創立した片山守之は、当時建設省に設置された建築研究所の目的をコンセプトとし、

建物内部(Interior)建物外観(Exterior)構造(Construction)

を主とする建築設計事務所として、I.E.C建築研究所の商号としております。

建築材料の多様化による仕様の変化、東日本大震災などの自然災害に対するリスクコントロール、IT技術の革新などによる社会の変化など、建築設計技術者に求められる環境は、時代と共に変化しています。その時代の変化に遅れることなく、われわれは商号に籠められたコンセプトを忘れずに、クライアントの夢を実現し、豊な生活を生み出せるような仕事に取り組んでまいります。

I.E.C建築研究所
代表取締役 木谷 雅司

独立行政法人建築研究所の目的
建築及び都市計画に係る技術に関する調査、試験、研究及び開発並びに指導及び成果の普及等を行うことにより、建築・都市計画技術の向上を図り、もって建築の発達及び改善並びに都市の健全な発展及び秩序ある整備に資することを目的とする。
出典:フリー百科事典ウィキペディア